眼瞼下垂の美容整形について|手術のポイント

眼瞼下垂とは、瞼が十分に開かなくなる状態のことで、先天的なものと後天的なものがあります。

加齢による筋肉の衰えや外傷による筋肉破損、また、目の筋肉を長年酷使しすぎることが原因で生じることもあり、パソコンやスマホが普及した現代においては、若い人にも多くなってきている症状です。

治療に際しては保険が適用されるものとそうでないものがあり、先天的なものに関しては保険が適用されます。

また、後天的なものに関しても、外傷による筋肉の損傷やアレルギーなどによる疾患が原因であれば治療に保険が適用される場合があります。

一方、外傷や疾患を伴いわない場合は、保険が適用されません。

保険が適用されれば、約5、6万円で治療が可能ですが、保険適用外の場合は美容整形となり、30万程度の費用が必要となります。

値段だけ見ると、保険を適用した手術のほうが断然良いように思えますが、実は、そうとも限らないのです。

保険適用外、2つのメリット

保険適用外の美容整形を選ぶメリットは2つあります。

まず1つ目は、治療方法が限定されないという点。保険が適用される手術は、キレイになることが目的の美容整形と違い、症状の改善に重きを置きます。

結果、治療方法は、もっとも一般的な切開法が主に選択されます。切開法は、その名の通り、皮膚を切開して治療を行う方法で、比較的症状の症状の重い眼瞼下垂に対して有効な方法です。

しかし、手術後は、大きく開いた二重瞼になり、手術前との差がハッキリとわかってしまうようになります。

保険適用外の美容整形の場合は、治療法が限定されることはありません。症状の度合いによって最適な整形方法を選択することができます。

例えば、症状が軽く切開法を行わなくてもいい場合は、埋没法により皮膚の切開を行わずに治療することができます。

もう1つのメリットは、治療後に美容的なケアを受けられるという点です。

保険が適用された治療の場合、眼瞼下垂が改善されれば終わりという場合が多いですが、保険の適用されない美容整形の場合は、治療後に美容的な処置、例えば顔全体のバランスを整えたり、左右目の大きさの違いを最小限に抑えたりといった処置がなされます。

保険の適用されない美容整形は、確かに高価です。しかし、キレイになるという観点から見れば、その値段に見合うだけの価値は十分にあるといえます。